サプリを飲む女性

ダイエットにはいくつもあり、サプリメントもその1つと言えるかもしれません。
中には、「激しい運動も無理な食事制限も必要ない」と謳っているものもありますから、気になっていたという人も多いのではないでしょうか。

でも、なかなか手を出しづらいという人もいるかと思いますので、ダイエットサプリがどういったものなのかを調べてみました。

種類が豊富なダイエットサプリはどうして痩せるの?

ダイエットサプリと聞いて、本当に効果があるのかと疑わしく思う人も、逆に効果があると信じているにもかかわらず、どうして痩せるかよくわかっていない人もいるのではないでしょうか。
一言にダイエットサプリと言っても、その効果は様々で、例えばダイエットと言ったときに運動をして脂肪を燃やそうという人もいれば、食事制限をして脂肪を蓄えないようにする人もいます。

これと同じく、サプリメントでもアプローチの方法がいくつかあるという事ですね。
大きく分けると3つで、代謝をアップさせて運動などの効率を上げるもの、糖質や脂質の吸収を抑制・阻害するようなもの、食欲を低下させるものになります。
細かく見ればさらに分けられますし、他にも腸内環境を整えるものなどがあります。

いくら食べても大丈夫と謳っているものは、脂質や糖質の吸収を抑えるものになります。
いくら食べてもというのは、言いすぎですが、人間は何もしないなくても最低限必要なエネルギーを消費する基礎代謝がありますから、サプリで脂質や糖質を抑えて摂取カロリーを減らせば痩せていけるというわけです。

基礎代謝は一般の成人男性で1500キロカロリー、女性で1200キロカロリーになり、これに加えて普段の活動で消費されるカロリーがありますから、摂取カロリーがそういった消費カロリー以下になれば痩せられます。

代謝が高くなれば、それだけ痩せやすくなりますし、食欲が低下すれば余計に食べなくなりますから、太りにくくなるというわけです。

ダイエットサプリの種類や違いについて

サプリの種類

すでに書きましたが「代謝促進」「脂質・糖質の吸収阻害」「食欲抑制」が多いです。さらに、これに加えて「酵素サプリ」もダイエットサプリだと言えるでしょう。ただし、酵素サプリは、見方次第では代謝促進になります。

これらは、1つのサプリに1つの効果、というわけではなくて、吸収阻害効果と食欲抑制効果の2つを持ったサプリなどもあります。
細かく見ると、吸収を抑えるものでも、吸収をしないようにしているのか、分解酵素の働きを邪魔して、吸収できる形にさせないのかなどの違いも、見て取れるでしょう。

代謝アップのものであれば、飲めば代謝が上がると謳っているものもあれば、飲めば代謝を高めるのを助けてくれるというものもあります。後者の場合、運動をしないとあまり効果は望めないようです。

大事なことは、自分が使用と思っているダイエットや、普段の生活を見返して自分に合ったサプリメントを選ぶことです。

運動が苦ではないから、しっかり運動するという人は、その効果を高めるために代謝アップのサプリメントを使うと良いですし、甘いものが好きだという人は、特に糖質をカットするようなサプリメントを選ぶことをお勧めします。

そこが合わなければ、単純に痩せられないというだけではなく、サプリメントを買う為のお金と、使っている間の時間がもったいないです。

効果が実感できるまでにどれくらいかかるか

どれくらいかかるか

サプリメントを使おうとしている人が、陥りがちな勘違いがあります。それは、サプリメント=薬だとしている事です。

サプリメントは薬ではなく、食品の1つになります。そのため、薬と比べた場合、効果は薄くなりますし、即効性も期待できません。
では、サプリメントは全く意味がないのか、と言われるとそれも違います。

人の体は常に作り替えられていて、体は食べたものの栄養からできています。ですから、サプリメントを飲むことで、ある程度の効果を期待できると言えるでしょう。
美容サプリの話になりますが、例えば肌の細胞は28日周期で生まれ変わると言われます。言ってしまえば、28日以上前の肌と今の肌は、見た目は同じですが違うものという事ですね。

つまり、美容サプリを飲み始めて、28日たたないと効果が現れないのだそうです。
サプリの効きはじめというのは、個人差もありますし、美容とダイエットではまた違う部分もありますが、効果が現れるまでに何か月もかかる可能性があると覚えておいてください。
ダイエットサプリの場合、当たり前ですが、サプリを飲んだうえで運動などをすることで、効果を早く感じられるでしょう。

毎日飲むサプリメントはいつまで継続すればいいの?

ダイエットサプリを使い始めたのは良いのだけれど、いつ止めたらいいのでしょうか。
サプリもただではありませんから、出来るだけ使用期間は短い方が良いですよね。

目標体重になったけれど、サプリを止めてしまっていいのでしょうか、止めることでリバウンドしてしまうのではないかと不安な人も、いるはずです。

1から考えていくと、サプリを止めると、サプリの効果はなくなります。
脂質や糖質の吸収を阻害するカット系のサプリを飲んで、1日200キロカロリーの吸収を抑えていたとしましょう。
サプリありで、消費カロリー=摂取カロリーとなり、体重変動がない場合、サプリを止めたら毎日200キロカロリーずつ太っていくわけです。

運動する女性イラストではどうしたらいいのかと言えば、太らないような生活習慣を身に着けることでしょう。
運動をして基礎代謝を挙げて、太りにくい体を作っておくとか、食事のバランスや量を考えて、太らないようにするとかです。
運動する習慣、食べ過ぎない習慣が出来ていれば、サプリを止めてもリバウンドすることはないでしょう。

気になる人は、1度サプリを止めてみて、体重が増えたらまた再開するなどしてみてください。

ダイエットサプリはいつ飲むと効果的?

サプリメントは食品ですから、薬と混同されないように、いつ何錠飲めばいいのかをはっきりと表示することが出来ません。
逆に言えば、いつ飲んでもあまり問題にはならないという事でもありますが、効果的なタイミングというものは存在します。
ですが、前提としてQ&Aや問い合わせなどで、推奨されるタイミングを指示されているのであれば、それに従うに越したことはありません。

どうしても問い合わせできない人や、面倒だという人、問い合わせたけれど回答が返ってこなかった人などいると思いますので、簡単にでも頭に入れておきましょう。
まず脂質や糖質を抑えるカット系のサプリメントの場合、最も良いとされるのは、食前です。食事の前に飲んで、効果が現れるようにしておきます。

食後直後でも効果あるそうですが、可能なら食前に飲んでしまいましょう。
代謝の促進・脂肪燃焼を謳っている商品の場合、運動の前に飲むことをお勧めします。
前述もしましたが、運動の効果を高めてくれるからです。

少しだけ触れていた、腸内環境整えてくれるサプリの場合、いつ飲んでも大丈夫です。

ダイエットサプリを飲んでも大丈夫な年齢などは?

基本的にサプリメントを飲むのに、年齢制限は存在しません。食品ですから、当然と言えば当然です。しかし、制限がなくても、未成年がダイエットサプリを飲むことはお勧めできません。

正確にはダイエットサプリを使ってまで、過度なダイエットをすることはお勧めしません。

未成年者はNG成長期で無理なダイエットをしてしまうと、成長を阻害する可能性がありますし、その時は良くても将来困った事態に襲われる可能性もあります。

またダイエットサプリは、基礎代謝が落ちて、運動してもなかなか痩せられない大人をターゲットにして、成分が配合されているのです。

体の出来上がっていない、未成年の人だと、量が多すぎるという事も考えられます。

何より10代であれば、運動や食生活の見直しで、簡単に痩せられる年齢ですから、ダイエットサプリに手を出すメリットは薄いと言えるでしょう。
それから年齢に関係なく、妊婦や授乳期にあるという人は、成分を良く見て赤ちゃんに悪影響がないかを確認してから使うようにしましょう。
一番良いのは、医師に相談してから、使うようにすることです。

インターネットを使った定期購入がおすすめです

ダイエットサプリを買おうと思ったら、ドラッグストアに行くか、インターネットを使うかになると思います。コンビニなどにも売っている場合があるようですが、店舗販売という事で、ドラッグストアと同一とさせてもらいます。
どちらが良いのかは、人にもよる部分かもしれませんが、ここではインターネットを使った購入をお勧めします。

その理由としては、定期購入での割引があるからです。インターネットと言っても、どこで買うかというのはありますが、公式ホームページから購入する場合、多くのメーカーで定期購入を実施しています。
最低3~4か月続けるなどの制約がある代わりに、何割か割引されるもので、前述通り効果が出るまでに時間がかかりますから、最低利用期間が長すぎるという事もありません。

中には、いつでも止めることが出来るというメーカーもありますから、試しに利用したいという人は、そういったところを狙うといいでしょう。
あと、インターネットの利点としては、商品の種類が多い事です。商品棚という制約がある店頭販売と、ネット販売の違いと言える部分ですね。

しかし決してドラッグストアで売っているものが悪いというわけはなく、取り扱い数が極端に少ないというわけでもありません。
ドラックストアで購入するメリットとしては、すぐに使える状態になる事、実際に商品を見て買うことが出来る事、そして送料がかからないため、お試しはしやすいと言ったところでしょうか。

ダイエットサプリの値段を比較してみると?

値段はどれくらい?

続けた方が良いのは分かったけれど、具体的な金額がわからないと、続けられるかわからないというのは、もっともな話です。
ですが、ダイエットサプリに限らず、こういったサプリメントの場合安いものは1000円程から、高いものだと1万円円以上するものです。
ダイエットサプリの場合、安いから人気、高いから人気という事もなさそうで、ランキングサイトでは安いものも、高いものも、ランクインしている印象があります。

こういった事情を加味して、公式ホームページから定期購入をしようと思ったら、大体4000~6000円が相場と言ったところでしょうか。
どれが良いのかではなく、どれなら続けられるのかという視点で、まずは確認するようにしてください。

ダイエットサプリの値段を比較してまとめました

定期購入価格

商品名 値段 税・送料込価格 備考
シボヘール × 2808円 初回税込980円
CUTE ME 4980円 5379円 初回DVD付1480円
Miss.CoCo 4980円 5811円 初回税込3980円
VENUS BODY × 5918円 初回送料の税込324円のみ
スリムフォー 5980円 6999円 初回980円+送料

特別指示がない場合には、全て税抜き価格です。シボヘールと、スリムフォーは公式ホームページにて税込み表示であるため、税抜き価格は省略してあります。
その他の税・送料込価格については、通常価格×1.08+送料×1.08で計算していますから、実際の値段とは事なることがあります。

せっかくなので、実際の商品を例にだして値段について見ていきましょう。
今回あげたものだと、大体定期購入の実際の金額で6000円程度になるでしょうか。
定期購入の初回に関しては、商品ごとに大きく金額が違いますから、実際に購入する場合には、それを加味して考えてください。

仮にCUTE MEを半年続けるのだとしたら、5379×6ではなく、1480+5379×5になります。またこの中だと、スリムフォー・シボヘール・Miss.CoCoはいつでも解約可能ですから、覚えておくと便利でしょう。

ダイエットサプリの主成分を比較しました

主なダイエット成分比較

商品名 成分 主な効果
シボヘール 葛の花由来のイソフラボン 脂肪の燃焼・脂肪の吸収抑制
CUTE ME リポサンウルトラ・コレウスフォルスコリ・ガーシトリン 脂肪の吸収の抑制
Miss.CoCo アルディーアルグ・難消化性デキストリン・ミスカミスカ 脂肪吸収抑制・代謝の促進
VENUS BODY 白いんげん・サポニン・メリロート 脂肪や糖の吸収抑制
スリムフォー 葛の花由来のイソフラボン 脂肪の燃焼・脂肪の吸収抑制

いくつか種類があるという話をしましたので、紹介した商品の主な成分とその効果について見ていきましょう。上の表にまとめていますが、あくまで主な効果ですから、別の効果もありますし、別の成分も含まれています。
こうやって見ると、カット系の効果が多いですが、どの効果が良いのかというものは、基本的にはありません。

自分がどういったダイエットをするかにもよりますし、どういった体質なのかも重要になります。
ただし、見てわかると思いますが、主な成分で見た場合シボヘールとスリムフォーは、同じ葛の花由来のイソフラボンになっているのがわかるでしょう。
表にはありませんが、入っているイソフラボンの量も変わりません。

そのため、値段で決めてしまうのも良いですが、その他の成分で違いはあると思いますので、そちらで決めてもいいでしょう。

ダイエットサプリを摂取する際の注意点

ダイエットサプリに限らず、やってしまいがちな勘違いが、少し触れましたが薬と同じものだとしてしまうことです。
サプリメントと薬は、別のものだという事を、頭に入れておく必要があります。
薬はすぐに効果が出ないといけない場面も多く、風邪薬などでも、飲んでから数時間経たずに効果を実感できることもあります。

しかし、サプリメントはすぐに効かない場合がほとんどです。効果も、薬程大きなものを期待してはいけません。
またサプリメントで気を付けるべきことは、過剰摂取です。
たくさん飲めばそれだけ効果が得られると、考える人もいるかと思いますが、そういった事はありません。

過ぎたるは猶及ばざるが如しと言う言葉もある通り、良いと言われる成分であっても、飲みすぎれば、過剰摂取となり健康被害にあう可能性があります。
それから、併用も気を付けたい部分がありますので、次で詳しく説明します。

サプリの併用による影響について

サプリの併用

ダイエットサプリには、いくつかの種類があるから、いくつものサプリを飲めばさらに効果が期待できるのではないか、と考える人もいるでしょう。しかし、そう簡単には話は進みません。
まず、消化吸収を妨げるカット系サプリと、その他のサプリを組み合わせた場合、カット系サプリは他のサプリの成分の吸収も妨げる可能性があります。

サプリの成分が体に取り込まれないという事ですから、飲み合わせたサプリが全く飲む意味になる可能性があります。
他の組み合わせなら大丈夫かという話も、これは首を縦に振ることはできません。
ダイエットサプリには、ダイエット効果を期待するもののほかに、美容効果のある成分が含まれていることがあります。

その成分の中には、カロリーが高いものもありますから、併用して摂取量が多くなると、ダイエット的にマイナスです。また先ほど説明した、過剰摂取になる恐れもあります。
サプリメントは薬ではなく、飲んでは駄目と決められた組み合わせはありませんが、だからこそ効果的な飲み方をしたいものです。

サプリを毎日続けるために大切なポイント

ダイエットサプリに限らず、サプリメントの効果を実感するためには、毎日続ける必要があります。そのために、どういった事が大切になっていくのかを考えてみましょう。
まずは、値段は大切ですよね。

経済的に無理して買ったサプリメントは、その効果が高かったとしても、なかなか続けることが出来ずに、サプリメントの良さを殺してしまいます。
すぐに効果が出ませんから、値段の高さも相まって、すぐにあきらめてしまう人もいるでしょう。そのため、無理なく買える値段というのは、絶対条件です。

それから、毎日何粒飲むのか、錠剤の大きさはどれくらいか、味やにおいはしないのかと言った、飲みやすさに関することも無視はできません。
中には1日10粒以上飲むようなものもありますから、数回に分けるという人もいるでしょう。しかし、それで忘れてしまう可能性も出てきます。

また毎日飲むものですから、臭いや味が苦手だと続けること自体が苦痛になるかもしれません。大きさに関しては、1cm以下だと飲みやすいと覚えておくと良いでしょう。

効果がでるまで根気強く継続できる人が向いています

向いている人結論から言うと、ダイエットサプリだけに頼ろうとしない人が、ダイエットサプリに向いていると言えます。というのも、ダイエットサプリは、ダイエットのサポートが目的だからです。

代謝が上がって、脂肪が燃えやすくなったけれど、脂肪自体燃やす力は持っていないといった感じでしょうか。

食欲を抑制したにもかかわらず、食べる量が変わらなければ、意味はありません。

公式ホームページにそのサプリの実証結果を載せているところがありますが、ほぼ確実にサプリメント+ある程度の運動などで、結果を出しています。
それから、諦めが悪い人の方が、向いていると言えるでしょう。サプリメントは、効果が現れるまでに、時間がかかるものですから、効果が現れるまで根気強く続ける必要があります。

そのため、何か月単位でも、諦めずに理想体重になるまで、頑張れることも求められるでしょう。

短期間で激痩せできると考えている人は向いていないかも…

向いていない人向いていないという人は、向いている人とは逆の人、と言ってしまうのは簡単ですが、もう少し詳しく見ていきましょう。
まずダイエットサプリに頼ってしまう人ですが、口コミなどを見ていると、結構な数がいるみたいです。
体重の増減がない生活の中で、ダイエットサプリだけを導入したら、痩せる可能性はあるでしょう。

この場合でも、上手くいかない時はいかないですし、実際に体重が変わるのには長い時間を要するでしょう。これくらいならまだいい方で、ダイエットサプリで失敗する人には「サプリを飲んだのだから、少しくらいなら食べても大丈夫だろう」と叶えている人が居ます。
それでは、サプリを飲んだ意味はなくなりますし、サプリの効果を越えて食べれば、当然太ります。

それから、すぐに諦めてしまう人だと、三日坊主よろしく2~3日で諦めてしまいます。
2~3日で目標体重まで痩せることが出来るものが、手軽に手に入れば、今頃その商品は大ブームを巻き起こしているでしょう。
ダイエットサプリを使っても、ダイエットはダイエットとして、やる必要はあります。

最後に、どうしても早く痩せたい、来週までには何とかしたいといった人には、向いていません。方法が全くないわけではありませんが、短期間で急激に痩せるのは身体を壊すことになるでしょう。

ダイエットサプリですぐに効果が期待できるかもしれない例

方法が全くないわけではないと言いましたので、一応ご紹介しておきます。
まず痩せるとは少し違うかもしれませんが、すぐに見た目が変わる方法です。
例えば、便秘気味だという人は、ダイエットサプリの中でも整腸作用に優れたものを飲むといいでしょう。

ダイエットで整腸作用と言われてもピンとこないかもしれませんが、胃や腸に異常があると、基礎代謝が落ちますし、便秘にもなりやすくなります。それに、消化吸収に異常が出るわけですから、サプリメントの成分を十分に吸収できない可能性も否定できません。
代謝に異常が出れば、痩せにくい体になってしまいますし、腸内環境は整えておいた方が良いです

それに便秘も解消することが出来れば、腸内でガスがたまってお腹が出てしまっている状況を解消できますから、見た目には細くなったように見えるはずです。
それに、出した分体重が減る事にもなります。
また太って見えるような状態として、むくみがあります。

足などがパンパンに張ってしまう原因は、余分な水分です。
そのため、水を排出する作用のあるサプリを使えば、むくみが解消されてほっそり見えるようになるでしょう。
水が体から出ていくわけですから、その分の体重が減ります。

また、むくみが解消されることで、体も軽くなりますから、運動へのモチベーションが上がるかもしれません。

減量は無理をしないでゆっくり行いましょう

サプリでの減量には、時間がかかると言いましたが、そもそも急激な減量は身体によくありません。しかも、その短い間に目標体重に行かないと、今度は体がエネルギーを効率よく使うようになり、ダイエットとしての効率は落ちてしまうでしょう。

また最初から全力でやってしまうと、なかなか効果が現れなかったときに、モチベーションの低下を招いてしまいますし、息切れも起こしてしまいます。

食事の工夫も運動もしないというのは、あまりよくありません。
運動と言っても、いきなり1時間ランニングするのではなく、ウォーキングなど負荷の小さな、気軽に出来る運動からはじめてみると良いのではないでしょうか。