ダイエットサプリは、整腸作用があるものもあり、便秘とは真逆の存在のはずです。しかし、ダイエットサプリで便秘になるという話がある以上、そういわれる原因があるはずです。そこで、その真意について考えてみませんか。

普通に使っていて便秘になる可能性は低い

ダイエットサプリを使って、便秘になるという人は確かにいますし、口コミを見ていたらすぐにでも見つかるのではないでしょうか。
ネット上の話ですから、信頼できないという人もいるかもしれませんが、火のないところに煙は立たないとも言います。
1つ言える事は、サプリメントだけが原因になって、便秘になっているという例はそこまでないだろうという事でしょうか。

少なくとも、ダイエットサプリは便秘になるための薬ではありません。そもそも薬ですらありません。
しかし、体質というものはありますよね。例えば体に良いと言われる牛乳ですが、飲むだけでお腹を壊す人もいます。
では、それで「牛乳=お腹を壊すもの」とはなりません。仮にダイエットサプリを飲んで、体調を崩し、便秘になる人が居たとしても、牛乳と同じで多く人に影響を与えるわけではないでしょう。

便秘につながる可能性がある成分

一応ダイエットサプリの中にも、便秘を引き起こす可能性がある成分はあります。
例えば、不溶性食物繊維がその1つです。食物繊維ですから、腸内環境を整える側の成分だろうと考える人もいるかと思いますが、全くその通りです。
それでは、どうして便秘になるというのかと言えば、周りの水分を奪うという性質があるからです。

腸の成分を吸って、大きくなるのですが、腸内の水分が少ないと、便の水分まで奪うようになります。
結果として便が硬くなり、排便が難しくなりますから、便秘になるわけです。
そのため、ダイエットをするときには、水分をたくさん摂っておくことが大事になります。

別の成分としては、コレウスフォルスコリエキスも、便秘につながる可能性があるとされています。
ですが、こちらは体質に合うかどうかの問題ですから、合わなければすぐに服用を止めるほか対処法はないでしょう。

良い物も過剰摂取しすぎれば毒となる

最後の可能性としては、サプリメントの飲み方が悪い場合です。
たくさん飲めば、それだけダイエット効果を受けられるだろうと、たくさん飲みたくなる気持ちは分かります。ですがそれは、過剰摂取を助長してしまうだけで、意味はありません。
むしろ、過剰摂取のせいで、体調に支障をきたす恐れがあります。

有名なところだと、ビタミンAの過剰摂取で頭痛などが引き起こされるほか、妊婦の場合には赤ちゃんに先天異常を起こす可能性を高めてしまいます。
どの成分が過剰になるかで、症状が異なりますから、「過剰摂取=便秘」とはなりませんが、中には過剰摂取をすることで、便秘を引き起こす成分があるかもしれません。
ですから、ダイエットサプリを飲む時には、決められた量を守ることが、ダイエット成功への近道になると言っていいでしょう。

自分に合うものを選ぶ

ダイエットサプリは無数にありますから、自分に合うものがどこかにはあるはずです。
それを探すのは大変かもしれませんが、自分に合ったものを選ぶことで、不用な心配をすることもなくなるでしょう。