身体を太らせる、困った存在の脂肪ですが、皮下脂肪と内臓脂肪がある事をご存知ですか。
ダイエットをして痩せたいと思った時、どちらの脂肪の方が落ちやすいのか、どういう人がどちらの脂肪がつきやすいのかなど、その違いを簡単にご説明します。

内臓脂肪と皮下脂肪の大雑把な違い

名前を見てもらうと想像できると思いますが、内臓脂肪は内臓の周りについた脂肪で、皮下脂肪は皮膚の下についた脂肪です。
もう少し詳しい話をすると、内臓脂肪の場合、見た目には大きな違いが合われないですから、細く見える人でも、実は内臓脂肪がたくさんついている、隠れ肥満である可能性があります。
体型にまで現れると、リンゴ型肥満と言われて、ホルモンの関係上男性の方が多いとされます。

逆に皮下脂肪は女性に多く、お腹や太もも、お尻など下半身の肉付きがよくなり、肥満まで行くと洋ナシ型肥満と言われます。
これらは同じ脂肪であっても、つき方や減り方に違いがありますから、全く同じものだとは言い難いでしょう。

内臓脂肪の特徴って何?

内臓の周りに着く、男性に多いのが内臓脂肪です。見た目に分からないというのが、難点で生活習慣病にも関わってきますから、放置しておくのは良くありません。
しかも皮下脂肪よりも、つきやすいですから、放っておけばどんどん増えるわけです。
ただし、内臓脂肪は比較的簡単に減らす事もできます。

脂っこい食事やお菓子などの感触、アルコール摂取量が多い事が内臓脂肪の蓄積の原因だと考えられているそうです。
何故男性に多いのかですが、男性ホルモンにより男性の方が女性に比べると筋肉量が多く、筋肉によるエネルギー消費量が多くなっています。
そこですぐにエネルギーに変換できる、内臓脂肪を蓄えやすいのだと、考えられているわけです。

内臓脂肪が落ちやすいというのも、すぐにエネルギーに変わるという特性があるからこそ、というわけですね。

皮下脂肪って何?

皮膚の下につく、女性に多い脂肪が皮下脂肪です。お腹に力を入れて、掴める部分が皮下脂肪だと覚えれば、ある程度その量が分かるでしょう。
内臓脂肪と違い、すぐに脂肪が付くわけではありませんが、1度ついてしまうと今度は落としにくいというデメリットがあります。

ですから、皮下脂肪を落とそうと思ったら、長期戦になるのは覚悟しましょう。
皮下脂肪の最大のデメリットと言えるのが、見た目にも表れる事でしょうか。女性であれば、特にプロポーションに気を付けたいという人も多いはずですから、見た目が変わってしまうのはマイナス要因のはずです。
また見た目が変わりますから、運動機能などにも支障をきたす恐れがあります。

女性に多いのは、妊娠時に胎児を守る緩衝材の代わりにするためだとも言われ、女性ホルモンが皮下脂肪を溜めこむような効果を持っています。
ですから、女性の方が皮下脂肪がつきやすいのは、仕方がないと言えるでしょう。

脂肪もバランスは大事

脂肪=開くだと考えている人もいるかもしれませんし、肥満レベルまでため込んでしまうと、当然よくはありません。
しかし、脂肪が全くないというのも問題です。脂肪にも存在する意味がありますから、全て落としてしまおうと考えずに、ある程度は残すようにしてください。