言葉というものは難しいもので、事実ではないのに、その言葉に踊らされてしまうという事があります。「太っている」というのもそうでしょう。太っているのだと、ダイエットをしている人の中には、太っていなさそうな人が沢山います。そもそも、太っているとはどういうことなのでしょうか。

大事なのは体重?見た目?

「太っている=体重が重い」と考えている人は、少なくないと思いますが、ボディビルダーを見て、太っているという人はいないですよね。
筋肉は脂肪よりも重いですから、彼らの体重は標準をはるかに超えているはずなのに、太っていると思われないのは、やはり見た目にあるのでしょう。
しかし、見た目だと個人の判断基準が入るため、痩せているのに太っているという人もいますし、逆に太っているのに痩せているのだと思っている人もいるかと思います。

また、太っていないのに、周りがやせ形の人ばかりだと、太っていると判断されることも少なくありません。
日本人は特に女性の体形に対して、厳しい目を向けているところがあるのは否定できないでしょう。
なんとか客観的に判断しようとして見ると、二重顎になっていないかとか、二の腕を振ると袖を振ったようになっていないかとか、女性ならウエストがくびれているかと言ったところではないでしょうか。

人気の痩せるサプリTOPに戻る

内臓脂肪が蓄積されてるかどうかを数値で見てみる

メタボリックシンドロームが世間を賑わせて久しくなりますが、メタボとは内臓脂肪が蓄積された、肥満の事です。要するに太っているという事ですね。
メタボはウエスト回りが1つの判断基準で、男性で85cm、女性で90cmでメタボだと言われます。
実際の平均値は、男性が70~90cmと幅広いですが、女性は63~66と言われ少なくとも女性の多くがメタボには当てはまりません。

また別の指標として、BMIがあります。体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求められる数字で、どういった体型なのかを判断しますが、18.5未満がやせ型、18.5以上25未満が標準、25以上が肥満となっています。
日本人の場合、平均身長と体重で計算すると、男性はBMI23程度で、女性が20.6程度です。

つまり、日本人は半数以上が標準体型以下という事になります。
体脂肪率で見た場合、男性は20%、女性は30%を超えたくらいで、肥満だと言われます。

日本人はダイエットに対する評価が厳しい

上記の基準で見てもらうとわかると思いますが、おそらくダイエットをしなきゃと言っている人の多くが、標準体型です。そもそも日本は肥満が少ない国で、4位に入るくらいには肥満が少ないと言われています。
それなのに、ダイエットの話題に事欠かないのは、日本人の評価が厳しいためだと言えるでしょう。

おそらくBMI24くらいの人を、平気で太っていると言ってしまうはずです。
日本人の美意識にもかかわってくるところだと思いますので、一概に日本の基準が悪いとも言えませんが、太っていないのに無理に痩せようとすることで、体を壊す可能性があります。
ですから、ダイエットをするときには健康にも気を使いたいですね。

体重は基準を自分で見つけるのが良いかも

太っているかどうかの判断は、上記の数字で標準体型以下であれば、自分で判断するしかありません。人によっては太って見えても、人によっては細いと感じることは、よくある事ですから、いっそ自分は今の体型が良いのだと、決めて維持していくのが良いでしょう。

人気の痩せるダイエットサプリランキングはこちら