ダイエットサプリの販売ページを見ていると、様々な情報が書いてあります。どういった試験を受けて、どういった認証を受けてと、書いてくれるのはありがたいですが、それらがどういったものかわからないと、ピンとこないと思いますので、見かけたものの中からいくつかご紹介します。

安全性に期待できる!GMP認定って何を認定しているの?

サプリメントの説明を見ているときに、よく見かけるものの1つがGMP認定ではないでしょうか。「Good Manufacturing Practice」の略で、元はアメリカで生まれた考えです。
簡単に言うと、製造・品質管理の基準の事ですね。
原料の仕入れから、製造はもちろん、最終商品の出荷という全工程において、製品が安全に且つ一定の品質を保たれるように定めています。

GMPには「1.人による間違いを少なくする 2.遺物による汚染を失くす 3.一定の品質を保証する」という3原則があり、こういった基準を自己判断ではなく、監査機関に審査してもらい、合格したらGMP認定をもらえるという事のようです。
医薬品であれば、GMP認定は必須ですが、サプリメントは医薬品ではありませんので、実施しているところとそうでないところがあります。
GMP認定がない商品を買ってはいけないというわけではありませんが、GMP認定があると安全性においては信頼をおいてもいいでしょう。

痩せるダイエットサプリの口コミを見る

効果や効能が記載可能に?!機能性表示食品とは?

本来食品であるサプリメントには、その効果や効能について記載することが認められていません。
しかし、機能性表示食品になると、機能性などについて、医薬品と誤解されない範囲で記載することが許されます。
似たようなものだと、特定保健用食品などがあります。

機能性表示食品の申請は、商品発売の60日前までに、国の定めた安全性や機能性に関する評価・生産・製造・品質の管理体制、健康被害の情報収集体制を整えたうえで、届けることにあります。
その情報は、消費者庁のウェブサイトで公開されていますから、気になる人は覗いてみるといいでしょう。
機能性表示食品と認定されると、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示することが出来るようになります。

簡単に言えば「お腹の調子を整えます」とか「脂肪の吸収を穏やかにします」といったことを表示できるようになるわけです。

日本臨床試験協会での結果は効果や安全性が信頼できる

その名の通り、臨床試験を行ってくれる機関です。臨床試験とは、人を対象にした薬などの有効性や安全性を検討する試験の事ですね。
日本臨床試験協会は、特に消費者庁の基準をクリアするようなノウハウを持った、一般財団法人なのだそうです。
逆に言えば、日本臨床試験協会での結果は、消費者庁にも通用するという事ですから、効果や安全性については、信頼できると言えるでしょう。

知っていればダイエットサプリ購入の判断にできる

GMP認定など、一目見て安全性を担保してくれる様なものです。ですから、こういった認定がどういう意味を持っているのかを知っておくことは、サプリの購入の手助けになってくれるでしょう。

人気の痩せるダイエットサプリを比較しています