薬はサプリメントと違い大きな効果がある代わりに、リスクも高いものだと言えます。ですが、一応サプリメントは食品という事になっていますから、飲み合わせても大丈夫だとされますが、実際のところはどうなのでしょうか。少し調べてみました。

基本的に処方せん薬との併用は控えたい

処方せん薬とは、その名前の通り、病院などで処方してもらう薬の事です。市場に出回っている薬よりも、効果が高いものが多いです。
効果が高いという事は、良い事ばかりではなく、副作用も強いと言えますから、何かあった場合に重大な健康被害を受ける可能性があります。

そのため、処方せん薬を使っているという人は、ダイエットサプリに限らず、サプリメントを飲みたいというときには、医師に相談した方が良いでしょう。
ただし冒頭で書いた通り、サプリメントは食品、健康食品に当たりますから、併用しても問題ないという考え方もできはします。
サプリが駄目というわけではなく、特定の成分は食べ物からでも併用して摂ってはいけない、という事にはなるのではないでしょうか。

ダイエットサプリだからこそ気を付けたいポイント

他の多くのサプリメントと、ダイエットサプリには決定的な違いがあります。
それは、ダイエットサプリの中には、糖質や脂質の吸収を抑える働きをするものもあるという事です。
普通の食事であれば、糖質や脂質の吸収を抑えることで、脂肪がつきにくくなります。

しかし、これは同時に、薬の成分を邪魔するかもしれないという事にもつながります。
邪魔をしない成分の方が多いかもしれませんが、吸収が邪魔されたものが、その薬の効果の重要なところを担っていたとしたら、大変なことになるでしょう。
それをなくすには、サプリが阻害する成分をすべて網羅したうえで、薬の知識も必要になりますから、素人にはまず判断できません。

そのため、勝手な判断では使用しないようにしましょう。
もしも、吸収を阻害するサプリを自分の判断で併用したいと思うのなら、薬の効果が薄まっても大丈夫なものにとどめておくようにしてください。

ピルとの飲み合わせ

薬はいろいろありますが、最後にピルとの飲み合わせについてお話したいと思います。
なぜピルを取り上げるのかと言えば、ピルを飲んでいる人で、ダイエットサプリを使いたいという人が少なくないからです。
そもそもダイエットは女性の方が関心が高く、さらにピルを飲むことにより、食欲が増して太ってしまいがちだからです。

ピルを飲む目的はいろいろあるかもしれませんが、ピルとは要するに女性ホルモンに作用するものです。
そのため、女性ホルモンに働きかけるような、イソフラボンなどの成分が入ったサプリメントとは併用しない方が良いでしょう。
増えた食欲をどうにかするために、脂質や糖質の吸収を阻害するサプリメントと併用するのは、悪くない選択です。

ですが、基本的には医師と相談してから、飲むようにしてください。

薬を飲む時は薬を優先して

当然ですが、サプリメントと薬どちらをとるかと言われたら、薬の方をとるべきです。
どうしても飲みたいサプリメントがあったとしても、薬との相性が悪いのであれば、諦めて我慢するようにしてください。何かあってからでは、遅いです。