ダイエットをすると言う事は、要するに痩せたいと言う事です。ですが、どのようにして、痩せるのか、その仕組みをご存知でしょうか。痩せたいのであれば、まずその仕組みを理解してみる所から始めて見ませんか。

「痩せる=体重が減少する」と言うのは危険な考え

何を持って痩せたと判断するかですが、多くの人が「体重が減った」というのではないでしょうか。それ自体は全く違うとは言えませんが、体重計の数字だけで判断するのは危険なこともあります。
例えば、体重を減らすだけなら、汗をたくさんかけばいいでしょう。

運動でも、サウナでも、とにかく汗をかいてからだから水分を減らせば、それだけで体重は減ります。
ただし、これで減るのは脂肪ではなく、水分です。きっと痩せたいという人は、脂肪を落としたいのではないでしょうか。

それに、水分だけで1kg体重を減らしても、その後で1L水を飲めば、また元に戻ります。
水分が減って体重が減ったと認識するのは、まだいい方で、これが筋肉だと基礎代謝が落ちて、痩せにくい身体になるでしょう。
ですから、痩せる=体重を減らすという意識が大切です。

人気の痩せるダイエットサプリランキングはこちら

摂取エネルギー<消費エネルギー

そもそも脂肪とは、エネルギーとして使用されなかった糖(グルコース)を、飢餓などに備えて溜めておくためのモノです。
つまり脂肪=エネルギー貯蔵庫ですから、エネルギーを消費すれば、痩せることが出来ます。
エネルギーと言われてもピンとこない人は、カロリーと言い換えたらいいでしょう。

消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、蓄えておいたカロリーを使って不足を補いますから、痩せると言う事になります。
では、どうやって人はエネルギーを消費しているのかですが、その多くが基礎代謝だと言われています。
基礎代謝とは、生命維持に必要な最低限のエネルギー消費の事ですから、何もしていなくても消費されるカロリーだと覚えておくと言いでそう。

極端な話、1日の摂取量を基礎代謝以下にするだけで痩せることが出来るはずです。
こういった摂取カロリーを抑えるダイエットを、食事制限ダイエットと言いますが、これだけをすることはお勧めしません。

リバウンドをしないためのポイント

食事制限だけを勧めない理由が、リバウンドの存在です。リバウンドの原因は1つだけではありませんが、食事制限でのダイエットでは、筋肉が落ちてしまう可能性があり、それを痩せたと勘違いする恐れがあります。
筋肉が落ちると、基礎代謝が落ちますから太りやすくなり、リバウンドにもつながります。

しかも筋肉が減ったうえでの脂肪の増加ですから、元の体重になってもプラスマイナス0とはいかないでしょう。
しかも食事制限ダイエットだと、身体の糖が減少します。
糖は脳の栄養になりますから、不足すれば何処からか作り出す必要があります。

この時脂肪から作ってくれればいいのですが、作りやすいアミノ酸から作られるのだそうです。アミノ酸の元になるものは、タンパク質で、身体の中にあるたんぱく質の塊が筋肉です。
つまり食事制限だけを行うと、筋肉が減りやすくなります。

ですから、筋トレをして筋肉量を維持するようにしましょう。
急激な体重減少も、リバウンドの原因ですから、気を付けてください。

脂肪を減少することを意識して

細かい話をしましたが、大事なことは脂肪を減らす事です。
体重の減少に一喜一憂する前に、何が減ったのかを考えてみてください。

人気の痩せるサプリTOPに戻る