「1週間試してみたけれど効果がなかった」「思っていたほどの効果がなかった」というのは、ダイエットサプリの口コミで見られる言葉です。これらは嘘ではないとは思いますが、薬と混同している可能性がある発言にも見えます。
薬とサプリメントはどう違うのでしょうか。

口コミや相談サイトでよくある勘違い

サプリメントを薬だとして話す人や、この2つの違いがよくわからずに混同している人というのは、結構多いです。
ネットの口コミや、相談サイトを見ていると、強く実感できるのではないでしょうか。
サプリメントが医薬品だと勘違いすると、即効性や効果の高さを求める人が出てきます。

例えば、サプリメントは1週間で効果が出るものではありません。
1週間で判断して、効かないとしてしまう人もいますし、判断するタイミング自体は個人の判断だとは思います。
しかし、効果が現れるよりも前に止めてしまうのは、時間もお金ももったいないです。

それから、効果についても、サプリメントを飲めばそれだけで痩せられるというほど、強い効果はありません。

医薬品は法律で認められている

特定の病気や症状に対する治療や予防が、法律で認められているものが、医薬品です。言い方を変えてみると、様々な検査や試験をクリアして、その治療や予防効果が認められたものですね。
国から認証されたものですから、確実で即効性もあります。また、薬の場合には、人が自然に生活している中では、まず摂取することがない成分も配合されています。

それから医薬品の場合、一時的な病気であれば、その病気が治るまでしか使用は認められていません。
まとめますと、その効果が保証されていて、即効性もある、病気の治療や予防を目的としたものです。
様々な検査をしていますから、使い方を間違えなければ、安全だともいえるでしょう。

サプリメントとは栄養不足を補うもの

広い意味や狭義の意味があり、やや面倒くさいのですが、簡単に言ってしまえば、足りない栄養を補うものです。健康維持や増進は期待できますが、基本的にはその効果や効能を表示できません。
ただし、特定保健用食品・栄養機能食品・機能性表示食品であれば、表示が出来ます。

表示が出来ている、つまり効果効能が書かれていれば、上記3つの食品のどれかに当たります。どれであっても、効果の根拠は存在していますから、何もない物よりは効果が保証されていると言えるでしょう。
メーカーごとに試験を行っているところもあれば、行っていないところありますから、医薬品に比べると、信頼を置きにくいかもしれません。

ただし、消費者として覚えておくべきことは、医薬品ほどの即効性もなければ、高い効果を得られるわけでもない事です。

サプリメントに過剰な期待は禁物

サプリメントを作るメーカーもボランティアで作っていませんから、より多くの人に買って貰えるように、効果を大げさにしているような表現をしていることも少なくはありません。しかし、サプリメントは特定の効果を求めた場合、薬には劣ります。
ダイエットサプリも、それをメインにするのではなく、サプリを補助にすることが求められます。