日本は先進国と言われ、諸外国よりも基準が厳しいと言われる部分があります。しかし、他国よりも遅れている分野も多く、サプリメントもその1つです。では、サプリメントは、外国のものを買った方が良いのでしょうか。

アメリカのサプリは有効成分が多くて効果的?

海外といっても様々ありますが、ここではアメリカという事で話を進めます。
日本のサプリメントよりも、アメリカの方が良いという話がありますが、それは単純にアメリカの方が進んでいるからです。
むしろ日本は、サプリメント後進国とも呼ばれます。

アメリカと比べた場合、日本の基準は緩く簡単に販売できるのに対して、アメリカは基準が厳しく、監視する機関も存在するそうです。
基準が緩ければ、それだけ粗悪な商品が販売される可能性もありますし、メーカーもコスト削減のために敢えて質を落とすという事もありえます。
逆に監視機関が確立しているほど、厳しいのであれば、自然と淘汰され良い商品が残ります。

またダイエットサプリに限定した場合、日本とアメリカの肥満では実態が大きく異なります。アメリカの肥満の方が深刻ですから、効果が現れるように、有効成分が多く、効果が高くなるようにしています。

日本で海外のサプリが販売されないのは法律が関係している?!

アメリカのサプリは、日本よりも安全で、効果も高いとなれば、日本で売っていてもよさそうです。効果があるのであれば、多少高くても買う人は大勢いるでしょうから、人気になりそうですよね。
しかし、日本で売っているところを見たことがある人は、いないのではないでしょうか。

それは、日本とアメリカでは法律が違うからです。同じ有効成分であっても、日本とアメリカでは配合して良い量に違いがありますし、そもそも認められている成分も違います。
つまり、アメリカのサプリメントは、日本だとサプリメントの枠を超えて、薬として扱われる可能性があります。

医薬品になると、制限はもっと厳しくなりますから、日本では販売できないという事になるのでしょう。
法律の違いですが、それぞれの国の人を基準にしていますから、体の小さな日本人だとアメリカ基準のサプリだと有効成分が多くなりすぎるというのは、想像がつくのではないでしょうか。

海外のサプリは日本人の体質に合わない可能性も

何にしても、効果が高いのであるなら、海外のものを買えばいい、というわけでもありません。
アメリカ人の基準で作られた、アメリカのサプリは、体質的に日本人には合わない可能性があるからです。
もちろん、体質的に問題ない人もいますが、飲んでみないとわかりませんし、何かあってからでは遅いですから、日本のメーカーの商品を買っておいた方が、安全な面もあります。

海外のサプリを買うためには、個人輸入をすることになりますが、その場合何があっても自己責任になりますから、控えておいた方が良いという事情もあります。

身体にどんな影響があっても自己責任です

どうしても痩せたい場合、海外のダイエットサプリに手を出すのも、1つの手段だと言えるでしょう。ただしそのせいで、太ってしまっても、病気になってしまっても自己責任だという事は、忘れないようにしてください。
また、個人輸入したものは、個人で使うのが原則ですから、良い商品だとしても、知り合いにあげることのないようにしましょう。