情報を正しく読み取るためには、正しい言葉を覚えておく必要があります。
しかし、結構混同されている言葉が多いのも事実です。酵素サプリで言えば、酵素や発酵、酵母といったものの区別が、わからなくなっている人も少なくないのではないでしょうか。

発酵食品と酵素はそもそも土俵が違います

分かっているという人もいるかと思いますが、発酵食品は食品です。納豆やヨーグルトを、思い浮かべてみるとわかりやすいではないでしょうか。
対して、酵素で有名なのは、消化酵素のアミラーゼかと思います。
並べてみてもらってわかると思いますが、納豆とアミラーゼは、同じカテゴリではありません。

もっと詳しく見ていくならば、発酵食品とは酵母を使って、食材を発酵させて作られたものです。
納豆で言えば、発酵食品に当たるのが納豆、酵母が納豆菌、食材が大豆ですね。
それで酵素が何かといえば、酵母が発酵させるときに使う、特殊なたんぱく質の事で、たまに生物のように扱われますが、生きてはいません。

生きているのは、酵母の方ですね。
それから酵素ですが、私達の体の中でも作られています。アミラーゼをはじめとした、消化酵素と。代謝を行うときに使われる代謝酵素があります。

酵素と発酵が混同してしまったのは勘違いが原因?!

あくまでも、想像の話になってしまいますが、酵素サプリや酵素ドリンクのラベルとみてもらうと、酵素という文字は書かれておらず、代わりに「植物発酵エキス」というものが入っています。
その名の通り、果物や野菜といった植物を発酵させたもので、先ほど説明した通り発酵過程で酵素が出来ますから、植物発酵エキスに酵素が入っているらしいです。

つまり、酵素サプリや酵素ドリンクは、発酵食品として見ることが出来ますよね。
さらに、植物発酵エキスの中に、酵素がありますから、メーカーは植物発酵エキスを酵素のように扱うことがあります。
それを見た消費者が、同じものだと勘違いしたのだろうと、推測できます。

酵素に関する注意点

酵素サプリに酵素が入っていないとか、そういう話ではありませんが、酵素はとても熱に弱いです。そのため、熱処理された酵素サプリの酵素は、変質してしまっています。
変質して、元に戻ればいいのですが、卵を想像するとわかると思いますが、ゆで卵が生卵に戻らないように、変質した酵素も戻りません。

熱処理されたサプリが全く意味がないのかと言えば、栄養の吸収のしやすさなどの利点もありますから、意味がないとは言えませんが、熱処理されてない商品を選んだ方が良いでしょう。
酵素ドリンクは、製造過程で、どうしても熱処理が必要になるらしいので、酵素の力はあまり期待できないことが多いです。

ダイエットサプリの選び方は正しい知識を持って

今回の話は、あまり消費者にとって有用なものではないかもしれません。しかし、わからないことを調べる事で、より安全で効果の高いサプリを見つけることが出来るという事は、間違いないと思いますから、調べる癖を付けてみてください。
また、研究が進むと、今までの常識が覆されることも多いですから、最新の情報を集めた方が良いでしょう。

関連記事