酵素サプリについて調べていると、度々目に入るのが「生酵素」と言う言葉です。
酵素と何かしら関係しているのは分かると思いますが、普通の酵素とは、何が違うのかわかるような、わからないような感じがしませんか。そこで、生酵素とは何か調べてみました。

酵素の特徴とは?

生酵素の前に、酵素について簡単に説明したいと思います。
消化酵素に代表される、体の機能に関わってくる特殊なタンパク質が酵素です。
人の体内で作られて、消化酵素と代謝酵素の大きく2つがあります。

ただ酵素は人間だけが特別に作れるわけではなく、酵母を使って発酵させるときにも、酵母が酵素を作り出しています。
そういった、体の外から食べ物などを通して取り入れた酵素が、食物酵素です。
消化酵素はその名の通り、消化吸収に関わる酵素で、代謝酵素はエネルギーを作り出し、消費する酵素といった感じでしょうか。

エネルギーを使うというのを、馴染み深い言葉で言うと、「カロリーを消費する」になります。つまり、代謝酵素が活発に働くと、ダイエットに効果的です。
食物酵素は、消化酵素に近いもので、代謝酵素の代わりをしてくれることはないと言います。

生酵素の特徴とは?

いま説明した3つの酵素の中だと、生酵素は食物酵素に当たります。
字面を見て「生」の酵素なのだろうなと、ぼんやり考えることはできると思いますが、生だったらどうなのかというのは分かりにくいのではないでしょうか。
少なくとも消化酵素や代謝酵素と比較して、生と言っているわけではありません。

酵素サプリや酵素ドリンクにおける「酵素」と対比して、「生酵素」と言っているようです。
酵素は48度以上になると、壊れてしまうほど熱に弱いもので、製造過程において熱処理などの高温での作業を行っていないものが、生酵素と名乗っています。
要するに、生酵素の最大の特徴でもありますが、酵素が壊れずに残っているわけです。

そのため、壊れていない酵素を、腸内に届かせることが出来ます。
生き物ではない酵素に「生」と使うのは、変な感じがしますが、酵素は度々生き物のように扱われますから、「生」が使われたのかもしれませんね。

生酵素の製造方法と値段について

熱処理をしていない生酵素サプリは、低温カプセル製法という方法を用いて、作られています。この製法がどういったものなのか、詳しいことは分かりませんでしたが、48度を超えないような温度で、製造するのは難しいらしく、手間とお金がかかっているらしいです。
それだけ金額的に高くなっているのかと言えば、そういうこともなさそうですね。

高いものを見れば、数万円のものも見つかるかもしれませんが、安ければ1000円前後でも売っています。
余談になりますが、酵素ドリンクは清涼飲料水に当たるために、加熱処理をしないといけないという決まりがありますから、酵素ドリンクの酵素はほぼほぼ、失活しているようです。

ちゃんと酵素を摂取したい人は

加熱処理をしていると酵素は壊れますが、酵素が失活したからと言って、全くサプリメントとしての効果がなくなったわけではありません。
元々入っていた、栄養素は摂れますし、発酵させていることで、栄養が吸収しやすい状態にもなっています。
ですが、酵素を摂りたいという人は、生酵素を選ぶといいでしょう。

関連記事