サプリメントを安全に、効果的に使うためには、その商品自体の効果や安全性も大事ですが、飲み合わせというのも重要になります。せっかく飲んだサプリメントが無駄にならないように、体に悪さをしないために、今回は酵素サプリの飲み合わせについてお話します。

他サプリとの併用は過剰摂取などの問題も

飲み合わせについて、まずは他のサプリメントと併用した場合を考えてみましょう。
酵素サプリに限らず言われるのが、成分の過剰摂取に気を付けることです。
成分に配合量などを調べてみるとわかると思いますが、サプリを飲むと、すぐに1日の必要分を超えるものもあります。

そのため、普通に食事をする中では、まず過剰摂取にならないようなものであっても、摂りすぎてしまう恐れがあります。
それから、酵素サプリで気を付けたいのが、同じダイエットを補助してくれる、糖質や脂質をカットしてくれるサプリです。
糖質や脂質をカットするとは、それらの吸収を妨げるという事ですから、もしかすると酵素サプリの有効な成分を妨げる恐れがあります。

どちらもダイエット目的のサプリで、ついつい併用してしまうという人もいるみたいですが、酵素サプリが無駄になってしまうかもしれませんので、併用はしない方が良いでしょう。

効き目に影響が出る?!飲み物との相性とは

酵素サプリはカフェインとの相性が悪いですから、コーヒーや紅茶などと一緒に飲むことは避けてください。
また、飲み物ではないですが、カフェインが入ったダイエットサプリもありますから、併用しないように注意しましょう。
逆に相性が良いと言われるのが、白湯です。

一度沸騰させることで、カルキや不純物が飛んで、体への負担が少なくなりますし、温かいとさらに体の機能を活性化させる効果も期待できます。
ですが、酵素が熱に弱いため、あまり温度が高いのは避けるようにしましょう。
いっそ、冷ましてしまって、湯冷ましにして飲んだ方が、安心かもしれませんね。

後は、サプリと同じく栄養豊富という事で、青汁も相性が良いと言われます。
ただし、栄養豊富だからこそ、過剰摂取には気を付けたいですね。

薬と酵素サプリを併用する際の注意点

薬を飲んでいるのであれば、酵素サプリは飲まない方が良いです。
飲むにしても、医師に相談してからにした方が良いでしょう。というのが、一般的な考え方で、これで正解だと言えます。
それでも、自分の判断で併用したいという人に向けて、一応注意しておくべき例を挙げておきます。

まず糖尿病などで使われるインスリンですが、そもそもインスリンの服用の分量コントロールが難しいですから、サプリメントのような余計なものは飲まない方が良いでしょう。
それから、ピルも一緒に摂らない方が良い場合があります。
1つはセイヨウオトギリソウが使われているもの、もう1つはビタミンCが多量に含まれているものであれば、ピルとの併用は避けてください。

セイヨウオトギリソウはピルの効果を弱めてしまいますし、ビタミンCは逆にピルの効果を必要以上に強めてしまうかもしれません。

より効果的に使うためにも飲み合わせは考えて

酵素サプリがキーとなって、大きな健康被害にあうことは考えにくいですが、サプリメントの効果を薄めてしまう組み合わせは、たくさんあります。
どうせ飲むのであれば、飲み合わせを考えて、効果的に飲むようにしたいですね。

関連記事