歳を取ると、痩せにくくなってしまいます。体が衰えているため、仕方がない部分はありますが、痩せにくいだけで痩せられないわけではありません。それぞれの年代に合わせた、ダイエットがありますから、ご紹介します。

年齢を重ねる後に痩せにくくなるって本当?

個人の生活習慣によって変わってくる部分もありますが、年齢とともに痩せにくくなるというのは、事実なようです。
原因として考えられるのが、基礎代謝の低下でしょう。10代をピークに、どんどん下がっていきますから、年齢とともに痩せにくい体になります。
基礎代謝が減少する理由は、筋肉量の低下があげられます。

ただし、10代が基礎代謝のピークなのに対して、筋肉量のピークは20代ですから、別の要因も考えられますね。
現実問題として、本当に痩せにくいのかですが、年代別に1日の平均歩数を調べてみると、50代が最も多いというデータがあります。
加えて、年代別の肥満度の割合を見てみると、40~50代が最も多いのだそうです。

つまり、最も歩いている=運動しているはずの年代が、最も肥満率が高いことになりますから、痩せにくくなっていると言っていいのではないでしょうか。

人気の痩せるダイエットサプリを比較しています

20代・30代は健康維持を目標にダイエットを!

20代は低下し始めたとはいえ、まだまだ筋肉量も基礎代謝も高い年代になります。
それなのに太る原因としては、進学や就職での生活環境の変化によるストレスや、不規則・不健康からくる体調の異変でしょうか。
逆に言えば、規則的な生活とある井戸の運動量の増加で、痩せられる可能性は高いと言えます。

間食は控えたいですが、食事を抜くなどの無理なダイエットは避けたいですね。
30代になると、基礎代謝がさらに落ちて、女性だと女性ホルモンの分泌が減少するのに伴い、脂肪がつきやすくなります。
加えて、出産や育児など忙しくなる場面が増えて、自分の事を二の次にしてしまいがちです。

この年代からは、短期間で痩せることは諦めて、健康維持を目標にダイエットをしましょう。日々の食事の摂取カロリー、特に脂質と糖質を控えるようにして、運動は身体を壊さないように軽いものにしましょう。
それから、筋トレをして、筋肉量を維持したいところです。

40代・50代はカロリーを意識したダイエット

40代にもなると基礎代謝はさらに低下します。そうなると、それまでと同じような生活をしているだけでも、太るようになるでしょう。
女性だとホルモンの関係で、食欲が増す時期でもあり、内臓脂肪がたまりやすくなってしまいます。ですから、基礎代謝のアップと内臓脂肪へのケアをしたいところですね。

筋トレやエクササイズを取り入れるようにして、食事に関しては炭水化物を減らしつつ、バランスの良い食事を心がけます。
50代になると、基礎代謝は20代のころよりも200キロカロリー以上も少なくなります。
運動の方法にもよりますが、30~60分の運動に相当しますから、痩せにくくて当然だと言えるでしょう。

50代では激しい運動や、食事制限は逆効果で、カロリーを意識して生活をするようにしてください。運動は水泳など体に負担がかからないものを選びましょう。

年齢に合わせたダイエットを

年齢とともに、体が変化するのは当然です。生活もそれに合わせるように、ダイエットも年齢に合わせた方法を、行いましょう。

人気の痩せるダイエットサプリランキングはこちら