ダイエットで最も恐ろしいのは、リバウンドではないでしょうか。ダイエットの苦労を、全て無にしてしまいますから、是が非でも避けたいところです。そのためには、リバウンドというものについて、知る必要があるでしょう。

ダイエット中の経験者は多い?!リバウンドっていったい何?

リバウンドはダイエット終了後に、減った体重や体脂肪が元に戻る、もしくは元よりも太ってしまう事を指します。
もちろん、ダイエットが終わったからと、元々食べていた量よりもたくさん食べてしまったら、リバウンドもすると思いますが、食生活を戻しただけなのに、リバウンドで元の体重を超えることもありますよね。

リバウンドしないためには、一気に痩せないように気を付ける、運動をして筋肉量を増やしておくなどすると、起こりにくいとされます。
この場合仮にリバウンドしても、また痩せやすい体になっていると言えるでしょう。
結局リバウンドとは、正しいダイエットをしなかったせいで起こるのですが、日本人の6割がリバウンドを体験したことがあるのだそうです。

痩せるダイエットサプリの口コミを見る

身体の仕組みが原因の時

リバウンドは、ダイエット後の不摂生が問題になることもありますが、体の仕組みとして、ダイエット中・後には太りやすくなっているという事情があります。
それを引き起こすのが、ホメオスタシス機能と言って、簡単に言えば体を維持しようとする働きです。
外気に寄らず体温が一定に保たれているのも、この機能のおかげです。

体に必要な機能ですが、急激に体重が減少すると、体が危険だと判断して、活動に使うカロリーを抑えて、摂取カロリーを高める働きもします。
例えばダイエットを始める前は、摂取カロリーが1800キロカロリーで、消費カロリーとのバランスがとれていたとしても、ホメオスタシス機能が働いていると、同じ生活を送っていても、エネルギーが余るようになります。

前述しましたが、急激な体重変化がなければ働かないものですから、ゆっくり痩せるようにしたら大丈夫です。
またダイエットをすると、満腹を脳に伝えるレプチンが減少して、満腹感を得られにくくなります。
そのため、たくさん食べてしまいがちになりますが、1か月ほどで戻りますから、それまで頑張って体重を維持してください。

体脂肪ではなく筋肉が落ちた場合

体重が減っても、それが脂肪ではない可能性があります。
例えば極端な食事制限だけで、運動をしないようなダイエットをしていると、脂肪ではなく筋肉の方がたくさん落ちていきます。
運動をしていないため、筋肉が維持できないというのもありますし、食事制限で糖質を摂らないでいると、脳のエネルギーが不足して、体から糖を作るようになります。

脂肪からも作られないことはありませんが、アミノ酸から作るのが最も簡単なのだそうです。
アミノ酸はたんぱく質を分解してできますから、タンパク質の塊である筋肉が使われます。
こうして、筋肉量が少なくなると、体重は少なくなりますが、基礎代謝も落ちています。

基礎代謝が落ちたという事は、1日の消費カロリーが少なくなりますから、太りやすく、リバウンドしやすくなるわけです。

正しいダイエットがリバウンドから守ってくれる

結局のところ、無理なダイエットをせずに、毎月2kg程度の緩やかなダイエットをすることが、リバウンドから守ってくれるのです。またダイエットをするときは、運動を取り入れた方が良いでしょう。

人気の痩せるダイエットサプリランキングはこちら