痩せるために運動すると言っても、その運動の仕方によって、痩せられるかどうかというものが変わります。ダイエットサプリで補助をしていても、間違った運動をしていると、なかなか痩せられないかもしれません。では、どのような運動が良いのでしょうか。

ダイエットに運動は必要!

ダイエットといっても、いくつかやり方があります。食事制限をする人もいると思いますし、運動をする人、サプリメントを飲む人、美容マッサージに行く人などでしょうか。しかし、どの方法をとったにしても、運動はしておいた方が良いでしょう。
運動をすることで、痩せるという目標を達成するだけではなく、太りにくい体を作ることが出来ます。

それはつまり、リバウンドをしにくくなるわけです。
例えば食事制限だけでダイエットをした場合、体の筋肉量が落ちてリバウンドしやすい体になってしまったり、脂肪ではなく筋肉が落ちたことで痩せたと勘違いしたりと、不安要素がたくさんあります。

比較的簡単に出来る有酸素運動

「痩せる=脂肪を燃やす」運動と言えば有酸素運動です。
その名の通り、酸素を使って、エネルギーを作り出す運動ですが、思い浮かぶのはジョギングやウォーキング、水泳などではないでしょうか。
どれも、やるのが面倒だとか、天気次第では、そもそも運動できないという事もあり得ます。

そこで家の中でも出来る有酸素運動を紹介します。
まずは、女性に人気のヨガです。ヨガ教室に通うことが出来れば、一緒にやる仲間が沢山いますから、モチベーションを保って続けることが出来ます。
ヨガは美容にも良いとされていますから、お勧めです。

家で1人で出来るものとしては、ラジオ体操も有酸素運動になります。小学校のころ毎日続けていたという人もいますから、続けること自体はあまり難しくはないでしょう。
そうはいっても、運動不足だとハードですから、無理をしないようにしてください。

最後に古い雑誌などを重ねて台を作って行う、踏み台昇降も言いでしょう。無理に雑誌は使わなくていいですが、ゆっくりでも良いので上り下りを繰り返してください。
どの運動をするにしても、脂肪が燃え始めると言われる20分以上は続けたいところです。

出来れば無酸素運動もやっておく

有酸素運動よりも、ダイエットの時には無酸素運動をすべしという人もいるくらいには、やっておいた方が良いです。無酸素運動は筋肉をつける運動ですね。
筋肉量を増やすことで、代謝が上がってダイエットに効果が期待できます。

しかし、そういったダイエット効果だけで見れば、有酸素運動の方が上には違いありません。ですが、筋力を維持して、太りにくい体を作るためにも、やっておいた方が良いです。
簡単に筋力アップというのは難しいですが、ダイエットと考えると、比較的簡単に筋肉量が増えるため、大きい筋肉を鍛えるといいでしょう。

具体的には、大胸筋と大腿四頭筋で、胸の筋肉と腿の筋肉になります。
鍛え方としては、腕立て伏せと、スクワットが良いでしょう。

無理なく続けることがポイント

ダイエットで大切なことは、1回でたくさんやる事ではなく、無理なく続けることです。
特に有酸素運動は、思いっきりやってしまうと、無酸素運動になりかねませんので、無理しない程度にとどめておきましょう。