ダイエットのために何かを始めるという事は大切な事ですが、同時にダイエットに悪いことを止めることで、さらに効率は増すでしょう。
では、痩せるために大敵な事とは、いったい何なのでしょうか。予想だにもしないことかもしれませんよ。

炭水化物がダイエットの大敵な理由

近年は脂質以上に、炭水化物ひいては糖質がダイエットの大敵だとされています。
というのも、糖質が脂肪の増加につながると、言われ始めたからですね。
炭水化物ダイエットと言う言葉も、何度も聞いたかもしれませんが、炭水化物とは糖質と食物繊維で出来ていますから、要するに糖質制限ダイエットになります。

なぜ糖質が駄目なのかと言えば、糖質を摂ると血糖値が上がり、インスリンが分泌されます。インスリンは血糖値を下げるのですが、その方法が血中の糖を中性脂肪に変えて蓄えるという方法なのです。
血糖値さえ上げなければ、糖質をたくさん摂っても太らないという話まであるくらいです。
それから、糖質に偏った食事だと、インスリンの効果も大きくなり、血糖値が乱高下することになります。

そうなると、脳が空腹だと勘違いして、お腹が空くという悪循環に嵌ってしまうでしょう。

便秘やむくみもダイエットの大敵

便秘になると、お腹に便がたまりますから、お腹がポッコリして、体重にも反映されます。しかし、それだけではなく、腸内にモノが詰まっているという事は、食べ物の栄養が吸収されにくい状態であるとも、言えますよね。
栄養が体に回らなければ、機能は低下して、代謝が悪くなりカロリー消費に悪影響を及ぼします。

便秘を解消するポイントは、水をしっかりととることです。できれば、毎日2リットルは飲むようにしましょう。
それから、冷え性も便秘の原因とされますから、解消できるようにしましょう。
適度な運動も、便秘解決には効果的なのだそうです。

また、見た目を悪くしてしまうものに、むくみがあります。
むくみは体内のナトリウム濃度が高くなるとか、血行が悪くなると出来るものです。
ですから、塩分控えめな食事をして、マッサージなどで血行を良くするといいでしょう。

ダイエット中に飲み過ぎに注意したい飲み物

食べ物ばかりが注目をされますが、飲み物の中にもダイエット中は控えた方が良い物があります。
まずは清涼飲料水です。とくに炭酸飲料は、爽快感があるのですが、糖分を多量に含んでいるうえに、空腹を刺激してしまいますから飲まないようにしましょう。
それから、一見ダイエットに効果がありそうな、野菜や果物のジュースも、飲みやすいように撮分が多いものがあり、お勧めできません

野菜をこういった形で摂りたいのであれば、自分でスムージーなどを作るのがお勧めです。
自分で作っても、砂糖をたくさん入れては意味がありませんから、気を付けてください。
最後にアルコールも食欲増進効果があるとされますから、ダイエットに向きません。

そもそも、種類は糖質を含み、カロリーも高いものがありますから、ダイエット中は控えた方が良いでしょう。

痩せないと感じるなら見直してみて

ダイエットをしているのに痩せないという人は、つい炭水化物を食べていたり、便秘になっていたり、ジュースを良く飲んでいたりと、ダイエットに逆効果な行動をとっている可能性が高いです。そのため、自分の生活を見直してみることが、ダイエット成功につながるかもしれません。