運動には有酸素運動と無酸素運動がある、と言う事はご存じかと思います。それぞれどのような特徴があるのか、何となくなら知っている人も多いではないでしょうか。
ここでは、もう少しだけ足を踏み入れて、仕組みの部分から、運動について見ていきます。

ゆっくりとエネルギーを使う有酸素運動

その名の通り、酸素を必要とする運動の事です。ウォーキングやジョギングと言った、軽い運動がこれに当てはまります。
酸素が必要になるため、深い呼吸になり、ゆっくりとエネルギーを使っている状態です。

無酸素運動との大きな違いは、酸素を使う事というよりも、脂肪をエネルギーに変えていると言う事です。
より正確には、脂肪酸を使っているらしいのですが、もう少し詳しく説明します。
私達が脂肪って言っているものは、中性脂肪が脂肪細胞に溜まったものを指していて、中性脂肪が脂肪酸とグリセロールで出来ています。

脂肪酸は血中にも存在するのですが、すぐに消費し尽くしてしまうため、有酸素運動をすることで、脂肪酸を得るために中性脂肪が分解されて、脂肪を減らすことが出来ます。
エネルギーはミトコンドリアが、脂肪酸と酸素を使って作り出しているのです。
一般に20分の有酸素運動をしたら、脂肪を燃やし始めると言われますが、それはリパーゼと言う脂肪分解酵素が理由です。

脂肪をエネルギーにする過程で必要になる酵素で、これが盛んに働く為にはある程度身体が温まっている必要があります。
ただし、熱くなりすぎると逆効果ですから、ほどほどを意識すると良いでしょう。

筋肉を鍛える事に向く無酸素運動

有酸素運動とは反対に、酸素を必要としない運動で、瞬間的に強い力を使うものが大体無酸素運動になります。短距離走や、筋トレが分かりやすいでしょうか。
有酸素運動が脂肪をエネルギーに変えていると話しましたが、無酸素運動では筋肉にためておいたグリコーゲン(糖)がエネルギーとして使われています。その為、脂肪を燃やすことに関しては、有酸素運動には及びませんが筋トレから分かるように、筋肉を鍛えることが出来ます。

ダイエットに効果的なのは有酸素運動?無酸素運動?

上記だけ見ると、有酸素運動がダイエットに有効に見えるかと思います。しかし、無酸素運動も無関係だとは、言えないのです。
まず有酸素運動は、脂肪を燃やすものですから、ダイエット効果は疑うまでも無いでしょう。
無酸素運動は脂肪を燃やす事は不得手ですが、筋肉をつけることが出来ます。

筋肉量が増えると言う事は、基礎代謝を高める事にもなるでしょう。
基礎代謝とは生きていくための最小エネルギー代謝量ですから、これが増えると言う事は、何もしていなくても、それだけ毎日のエネルギー消費量が増えます。
それはすなわち、痩せやすく、太りにくい身体を作ると言う事につながります。

ただ体重を減らすのではなく、リバウンドをしにくい身体を作るためには、無酸素運動が大事になってくるのです。

無理な運動はしない

説明した通り、ダイエットに運動は大切です。しかし、無茶をしてしまえば体調を崩して、運動できない日が出来るかもしれません。それでは本末転倒ですし、体調を崩したと言う事は、正常な体の働きから逸脱しているとも言えます。
ダイエットは健康的に行うのが1番ですから、無理はしないようにしてください。